幸せになるために 60

 

DSCF7199.JPGフジX-Pro2 XF35㎜F1.4 浮間公園にて

寂しさを紛らすために・・・

 

結婚して早1年が過ぎた

僕たちの状況といえば

あまり変わりなく

真由美ちゃんは相変わらず

長野、山梨に行きっぱなし

たまに帰ってきて

1日死んだように寝ている

外で見る真由美ちゃんとは別人で

大丈夫か?というぐらいの電池の切れっぷり・・・

そして、また出かけていって

1週間帰ってこない・・・

 

僕の方も変わりなく

毎週水曜の休みは自転車に乗ったり

映画館で映画を観たりと

好きに時間を使い

充実した毎日を送っていた

本当に充実していたのか?

と問われるとちょっと自信がない

 

僕は毎日夜11時ごろまで仕事をし

帰りに松屋によって

豚丼の普通盛りつゆだくを食べて帰る

借りているDVDを観て夜2時になったら寝る

朝8時に起きて会社に行く

 

その繰り返し・・・

 

そのうち、休みの日に会社の後輩だった

K村君と一緒に遊ぶようになった

 

彼は1年前に会社を退職して

今はプータローをしていた

 

彼はいわゆるオタクだ

しかも筋金入りの・・・

彼はミニカーオタクだった

 

僕も基本的に車屋なので

車が好きで

しかも、プラモデル好きだったので

彼と気が合った

 

毎週休みになると彼から連絡があり

一緒に出掛けた

朝9時ごろ出かけ23時ごろ帰ってくる

どこに行っているかというと

東京、埼玉、神奈川のミニカーの専門店や

おもちゃ屋さんめぐりだ

 

二人でお店を巡り

基本的には中古のミニカーを見て

お値打ちもののミニカーを探す

まあ、宝探しみたいなものだ

 

これを飽きずに2年ぐらいやっていたと思う

気が付いたら

うちの本棚にミニカーがたくさん積まれていた

 

僕は、最初は彼が買うミニカーを見ていたのだが

徐々に自分も欲しくなって

じゃあ、RX-7のミニカーを買おうと思い

1台買ったのが運の尽き・・・

 

僕は、あまりお金を持っていなかったので

比較的値段の安いトミカを集め始めたのだが

これがまずかった

トミカは知ってのとおり

どこにでも売っているのだ

そして、毎月新車が2台発売される

で、毎月2台づつ絶版になっていくのだ

 

最初は自分の乗っているRX-7を・・・

と思って買ったのだが

色違いのを・・・

限定のを・・・

前のモデルを・・・

とやっているうちに

どんどんと集まっていってしまった

我に返って数えてみたら

300台を超えてしまっていた・・・

普通のモデルは400円ぐらいなのだが

昔の希少品や絶版品などは

1台2500円~10000円ぐらいときりがない

僕はどうしても欲しいモデルだけ

上限は2500円以内と決めて買っていたが

泥沼である

しかも楽しいのだ

IMG_5621.JPGその当時のコレクション(ツインリンクもてぎ限定 NSXセーフティーカー

 

後輩と一緒にいつものお店を巡回し

ショーケースを見ては

 

「お!これ買いじゃね!」

 

とかやっているのは

もう時間を忘れて過ごせるのだ

これをやっている限りは一人ではない

 

だから、楽しい時間が終わって

家に帰ってきてからが辛かった

 

一人でDVDを観て眠くなったら寝る・・・

DVDを観ているうちは寂しくないから・・・

それを繰り返していた・・・

 

続く・・・

 

 

この記事を書いた人

shinyafd3s

愛妻家フォトカウンセラー
普段は学童の責任者として子どもたちの未来を作る仕事をしています。
週末はフォトカウンセラーとして活動しています。
奥さんが大好きで奥さんの写真多し!