PHOTOGRAPHER

Shinya Yamashita

あなたの中の輝く花をカタチに残すフォトグラファー

PHOTOGRAPHER

Shinya Yamashita

あなたの中の輝く花をカタチに残すフォトグラファー

camera-icon

プロフィール写真

フェイスブック、ホームページ等、自分をアピールしたい時に

family-icon

家族写真

愛する家族との記憶を写真という形で残す

note-icon

フォトブック

家族との記憶や、自分小説など、要望に合わせてカスタマイズ

私は、写真を撮ることが、小さい頃から好きでした。
何故、写真を撮るのが好きだったのか?
今振り返って見ると、「写真を撮る時、家族が笑っていたから」だと気づきました。
写真は幸せのカタチを切り取るものだと思っています。
私は、過去に撮影された家族写真をみて、自分が両親から愛されていたのだと気づかされました。
得てして、子どもは親の愛に気づかず育ちます。
それどころか、親の愛に気づかず、憎んだりすることもあるでしょう。
でも、そんな時に、一枚の写真が、愛されていたことを証明する証になったりするのです。
私は、そんな写真を撮りたい。
そして、私が撮った写真を見た人が、愛されていたことに気づき、幸せになって欲しい。そう思っていつも撮影しています。

また、私は自分に自信がない人や、写真を撮られるのが嫌いな人も是非撮影していただきたいと思っています。
人は誰でもいい部分(花)を持っています。
自分でも気づいていないような花を咲かせること。
これが、私が目指す花咲くフォトです。
是非、自分でも気づいていないような、自分の持っている花を表現して見て下さい。

もう一つ、私は「愛妻家フォトグラファー」を名乗っています。
愛する妻を撮影することで「愛すること」とはどういうことなのかを表現して行きたいと思っています。
幸せの最少単位は「夫婦」です。
私は、その最少単位の夫婦の幸せのカタチを表現し、伝えて行くことで、周りに幸せの波動を届けて行きたいと思っています。
愛する妻と、子ども達の成長を私の写真で追い続け、表現し、幸せのカタチとは何なのかを追求して行きたいと思っています。

山下信也

山下信也プロフィール

愛妻家フォトグラファー。
福島県出身。音大を卒業後、教員、舞台裏方、自動車販売営業、不動産、保育園設立、学童保育受託を経て現在フリーのカメラマンとして活躍中!

主な受賞歴

  • 第1回保育フォトコンテスト保育士部門金賞受賞(→詳細
  • キャノン銀座ショールームフォトプレッソコーナーに「足跡・・2」が作品サンプルとして選出
  • フォトブックサービス「Photopback」のセレクションに「生まれる・・・」が選出
camera-icon

プロフィール写真

フェイスブック、ホームページ等、自分をアピールしたい時に

family-icon

家族写真

愛する家族との記憶を写真という形で残す

note-icon

フォトブック

家族との記憶や、自分小説など、要望に合わせてカスタマイズ