愛妻家フォトカウンセラーやまちゃんの日常95

カメラマンになったわけ・・・2

画像1

NikonD3 タムロン28−75㎜f2.8 なな浮間公園にて

大学生の時にカメラを買って

色々と写真を撮っていく中で

どうやら人を撮ることが好きらしいと気づいたんだが

まあ、趣味の域で細々と撮っていた

社会人になって

忙しくなってなかなか写真を撮らずにいたんだけど

結婚して、子どもが出来て

子どもを撮るようになった

でも、ここでも趣味の域を超えなかった

この時はコンデジで撮ってたかな

CanonS90っていうカメラ

これ、コンデジだったんだけど

今の高級コンデジの走りのカメラで

結構気に入ってた

で、そうこうしているうちに

保育園を運営することになって

保育園にいる子どもたちを撮ることが多くなってきた

毎日撮っているうちに

いいカメラが欲しくなってきた

で、ヤマダ電器のワゴンセールで

オリンパスのE−620っていう

今は亡きフォーサーズ規格のカメラを買い

写真を撮っていた

だんだんとE−620に満足出来ず

次に購入したのが

やはり、ヤマダ電機で

パナソニックのGF-3というカメラ・・・

これは、マイクロフォーサーズという規格のカメラで

小さくて気に入っていた

それでも、もっといいいカメラが欲しくて

今度は同じパナソニックのGH-2というカメラを追加で購入

レンズもパナライカの25ミリを購入!

この辺りから写真が変わってきた

いい写真が撮れるようになってきて

周りからもいい写真だね!と言われることが多くなってきた

さらにカメラにはまり

言い訳出来ないカメラが欲しいと思い

一気にプロ用のカメラ、NikonD3を購入!

これが、僕の転機となった

撮れる写真は明らかに変わり

いい写真を連発して撮れるようになった

周りからも写真がうまい人・・・という認識になってきた

でも、みんなから良いと言われても

僕は満足が出来ず、

もっと良い写真が撮れるはず・・・

いやいや、まだまだですよ

と、自分自身を受け入れることが出来なかった

いつも、本当に僕は何がしたいんだ・・・ともやもやしていた

で、2015年秋に

真由美ちゃんから「岡部明美さん」という人がいて

LPLという研修をやっているらしい

それを受けると自分の使命がわかるらしい

と言われた

ただ、それを受けるには

その前段のワークショップを受ける必要があるらしいんだけど

信也さんどうする?と聞かれた

真由美ちゃんがこう言う時は

絶対に行った方がいい!と決まっているので

じゃあ、ワークショップに行こうじゃないの!

と言うことになった

で、この時は、今は無くなってしまったんだが

LPLベーシックという研修もあって

これを半年受けることで

次のLPLの受講資格がもらえるとのことだった

2泊3日のワークショップより

日帰りできるベーシックの方がありがたかったので

迷わず半年コースを選んだ

これが僕には良かった

その半年、僕は自分自身と向き合い

本当にしたいことはなんなのか?

ということに向き合った

そして、半年後

LPLベーシックの最終講で

「僕は、プロカメラマンになります!」と

みんなの前で宣言していた

やっと、自分のやりたいことがわかって光が見えてきたのだった

そして、なる!と宣言したものの

僕自身の自信の無さは筋金入りで

そこからお金をもらって撮影するまで、まだしばらくかかるのだった・・・

続く・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の筋トレ

腹筋50回

腕立て伏せ20回

背筋3分(YouTube)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロフィール写真撮影賜ります。

基本撮影料金(JR埼京線 浮間舟渡駅 浮間公園での撮影)

税込55,000円

交通費別途相談

撮影時間(約90分)

撮影枚数200〜500枚程度(撮影内容によって異なります)

補正、トリミングなど明らかなNGカット以外を除き

全てやります。

お申し込みはFacebookのメッセンジャーにて

お支払いは、銀行振込もしくはクレジット決済可

BASEでもお支払いできます

お申し込みお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学びの友である

松井ゆかちゃんが講座をやることになり

その一部をお手伝いさせていただくことになりました

プロフィール写真の重要性について

お話しさせていただきます。

オプションで実際に撮影もするそうです

くわしくはこちら

https://82college.com/

無料の説明会があるので、興味がある方は

見てみて下さい。

私の他にもたくさんのスペシャリストな方々に

レクチャーを受けられるようなので

興味がある方は、是非、説明会だけでも聞いてみて下さい

この記事を書いた人

shinyafd3s

愛妻家フォトカウンセラー
普段は学童の責任者として子どもたちの未来を作る仕事をしています。
週末はフォトカウンセラーとして活動しています。
奥さんが大好きで奥さんの写真多し!