愛妻家フォトカウンセラーやまちゃんの日常61

画像1

Nikon D850 SIGMA Art50㎜f1.4 スタジオにてヘアモデルさんと

カメラマンとしての仕事

あ、いや、いっつも真由美ちゃんの写真しか出してないんで

仕事してないと思われてるんじゃないかな〜とか思って

ちょっと仕事モードの写真も出しておこうかな、なんて思っちゃいました

やまちゃん、時々プロカメラマンとしてお仕事してます

基本的には一般の方のプロフィール写真撮影が多いですが

モデルさんを使っての撮影なんかもします

画像2

これはハウススタジオを借りての撮影です

建物が可愛くて、モデルさんが可愛くてテンションが上がります

画像3

もちろん、男性も撮ります

圧倒的に女性の方が多いですが・・・

95%くらい女性ですかね

画像4

こうやってモデルさんを撮影するのも良いんですが

僕が好きなのは

一般の方を撮る時

しかも、写真苦手っていう人の撮影がすごく好きです

多分、僕の撮影は最初は緊張するかもしれませんが

最後には

「あー楽しかった!」で終わる撮影だと思っています

撮っている最中に

「笑って」

とも言いません

ただ、そこにいるだけで良い

その人の存在をただただ認める・・・

そんな撮影です

緊張してもいい

笑ってもいい

何なら泣いても、怒ってもいい

ただそこに在るあなたという存在を

写真という過程を経て

すくい取るだけなんです

僕は、撮られる人に寄り添い

シャッターを押すだけ

ただ、そこに僕というフィルターがかかって

撮られる人に不思議な感覚を与えるようです

やまちゃんといると自然と笑っちゃうんだよね

だって、やまちゃんが優しく笑っているから・・・

そんな風に言われることもあります

人によっては、撮影そのものがカウンセリングになることも・・・

亡くなった誰かと会う体験や

父親のことを見る目が変わったり

お母さんとの関係を見つめ直したり

様々な体験をしています

これは、私がそうしているのではなく

撮られる人がそう体験したいからそうなっている・・・

そう思っています

私には、それを引き起こす力があると

最近になって気づきました

一旦、コロナが収まり

またポツポツと撮影の依頼が入ってきています

最近ようやく少し営業めいたブログを書いたりしていますが

基本的に僕のところに撮影にきてくれている

もしくは依頼をしていだだく方は

口コミでいらっしゃる人が圧倒的に多い

中には、営業しなさすぎて

「ねぇ、やまちゃん、まだカメラマンやってる?」

なんて聞かれることも(笑)

まあ、よく真由美ちゃんに

「営業せい!」って怒られるんですが

なんか、撮影に来て下さいっていうのも

なんか違うんだよなぁ・・・

なんて思ってるんです

だから、僕という人を知ってもらって

僕に興味を持ってもらって

撮ってもらいたいって思われたいんですよね

だから、本当は、撮影の金額なんて出したくない

僕に撮ってもらいたいと思ったら

いくらでもいいと思って欲しい

そんな思いがあります

で、最近は自分が撮影して編集してデータ送ってっていう

一連の作業を振り返ってみて

あー良かったなぁ・・・・と思える金額設定にしています

で、その金額が税込55000円です

多分、この金額が高いと思う人は

僕の撮影が5000円だったとしても

高いと思う人・・・

そう思っています

僕が人を撮影する理由

それは、自分自身をもっと好きになってもらう為・・・

自分という存在を自由に表現する為・・・

私が私でいいんだと肯定する為・・・

そう思ってもらう為に

私との撮影体験を選んで欲しい

そう思っています

いつもおちゃらけている僕ですけど

撮影は真面目です

あ、当たり前か・・・

そんなわけで、今日もブログを書くやまちゃんでした

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の筋トレ (5日目)

腹筋50回

腕立て10回

よーし、今日も頑張った!

明日も頑張るぞー!

この記事を書いた人

shinyafd3s

愛妻家フォトカウンセラー
普段は学童の責任者として子どもたちの未来を作る仕事をしています。
週末はフォトカウンセラーとして活動しています。
奥さんが大好きで奥さんの写真多し!