愛妻家フォトカウンセラーやまちゃんの日常35

今日は先日作った真由美ちゃんの写真集

「Four Seasons」をWEB写真展!

画像1

画像2

画像3

画像4

「春」

「ねぇ、ちょっと出かけようよ」

休日の朝、まだ眠そうにしている

真由美ちゃんに声をかける

「ん・・・何処に行くの?」

「いいところ・・・準備して・・・」

寝ている子どもたちを起こさないように

そっと家を抜け出す

「この桜を真由美ちゃんに見せたかったんだ・・・」

「すごーい!」

期待通りのリアクションを見て

春が始まった・・・

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

5月、僕たちはゴールデンウィークを

蓼科で過ごした・・・

先月過ぎ去った桜にまた会うことが出来た

こう見えて、真由美ちゃんは

結構面白い

仕事では見せない姿を

僕だけが知っている

画像10

画像11

蓼科の春はちょっと肌寒い

ちょっと何か上に羽織りたいな・・・

真由美ちゃんがそう思っている時

そっと僕の上着を脱いで掛けてあげたいが

そういう時、僕は決まって汗だくで

シャツ一枚だったりする

僕のミートテックを貸してあげたい!

と切に思うが、残念ながら自分の意思で

脱ぐことが出来ないのだ・・・

画像12

画像13

画像14

画像15

6月

ちょっとした雨の合間に

撮影に付き合ってもらう

胸に着けているのは

誕生日にプレゼントした

宇宙ガラスのネックレス

結構気に入って着けてくれている

画像16

毎年恒例の花火大会

マンションの屋上からよく見える

僕は写真撮影でカメラに付きっ切り

真由美ちゃんは

大抵、友達を呼んで一緒に

花火を見ている

画像17

画像18

場所は北海道

一度ひまわりをバックに写真を撮って見たかった

思った通り

真由美ちゃんにはひまわりがよく似合う

画像19

ラベンダー畑をバックに撮影・・・

言わないと何処で撮っているか

わからないのはご愛嬌

ちなみに

子どもたちは

この周りで真由美ちゃんに絡んでる

子どもたちが写らないように

写すのは、実はテクニックが要るのだ!

画像20

画像21

画像22

「ん〜、こんな感じ?」

いいえ、違います・・・

撮影中、よくある話・・・

画像23

画像24

画像25

「もっと小さくなって」

「え〜、こんな感じ?」

「もっと!」

「無理〜」

「あ・・・それ!」

いつもこんな感じ・・・

画像26

画像27

「秋」

家族で伊豆に出かけた

久しぶりにゆったりとした時間を過ごし

心と体を休めることが出来た

子どもたちを起こさないように

そっとベッドから抜け出し

二人で朝風呂に出かけた

朝風呂から出て

二人でオセロをする

舐めてかかったら

なんと、パーフェクトで負けた・・・

「何やってんのWWWW」

と、真由美ちゃんが笑った・・・

その笑顔を見て、幸せを感じた

画像28

画像29

画像30

真由美ちゃんの、合唱の合宿に

家族で便乗して付いていく

僕は、行き先は何処でもよくて

真由美ちゃんが撮影できれば

それでいい・・・

画像31

画像32

画像33

画像34

画像35

合宿の帰りに

大好きなダヤン美術館に立ち寄る

ここは僕たちの思い出の場所

初めてのドライブデートで来た場所

あの時は、子どもを連れて来るなんて

考えもしなかった

画像36

画像37

画像38

二人で研修に出かけた朝

ゆったりと朝ごはん

子どもたちがいると

なかなかこんな時間は作れない

二人でよく研修に出かけるのは

こんな時間が作れるから

画像39

画像40

画像41

たくさんの人の写真を撮っているけれど

一番難しいのが真由美ちゃんの撮影

なんでなんだろうと思っていたんだけど

この写真を見て気がついた

僕がもっといい表情の彼女を知っているから・・・

そして、時々こんな表情が撮れるので

写真はやめられない・・・

画像42

画像43

画像44

画像45

普段はあんまりがっつり化粧もしないし

髪をセットしたりもしないので

こういう姿を見ると

なんか照れる

照れてる自分を誤魔化すように

カメラを構える

僕が切り取る写真は

僕からのラブレターだ

そんな君が好きだ!という

ラブレターだ!

画像46

画像47

画像48

画像49

画像50

園長として蓮を送った日、流した涙が美しかった・・・

蓮だけじゃなく、見送った子どもたち全てが息子であり、

娘であったんだな・・・

その気持ち、みんなに伝わっていたよ。

一年間お疲れ様でした

愛妻家フォトカウンセラー

山下 信也

大学2年の時にフィルムの一眼レフを購入し

写真に目覚める。風景を中心に撮影していたが

徐々に人を撮ることが好きになっていく

時代がデジタルに移行してから

しばらくカメラから遠のくが

夫婦で保育園を設立し

園児を撮り始まったことで

再び写真の面白さに目覚める

現在は、妻の真由美ちゃんの撮影を中心に

様々な人のプロフィール写真を撮っている

現在、これまで学んできた、アドラー心理学や

カウンセリングの技法を活かし

撮影と一緒にカウンセリングを行い

知らなかった、新しい自分と出逢う

「フォトカウンセリング」を行なっている

撮影機材

Nikon D850

Nikon Z6

SIGMA Art105㎜f1.4

SIGMA Art50㎜f1.4

SIGMA Art35㎜f1.4

Tamron SP24-70㎜f2.8VC

Tamron SP70-200㎜f2.8VC

あー、思ったより大変だった

どうだったでしょうか

WEB写真展

結構、写真集だと

トリミングもしているから

実際に本で見るとまた印象が違うかもしれません

あと、写真集でしか見れない写真もあります

見たい方は自宅に遊びにいらして下さい

では!

この記事を書いた人

shinyafd3s

愛妻家フォトカウンセラー
普段は学童の責任者として子どもたちの未来を作る仕事をしています。
週末はフォトカウンセラーとして活動しています。
奥さんが大好きで奥さんの写真多し!