幸せになるために 86

0422-33コンタックスTVS 赤羽にて

 

間に合うか?

 

急遽路線変更し

ホールで使う予定だった

マンション1階部分を保育園として

再設計することに・・・

すでに時は11月

いくらマンションの改装工事だとしても

12月に工事スタートしなければ間に合わない・・・

僕たちは死にもの狂いで用意を始め

何とか図面など間に合わせた

その間に、お義父さんが

保育園に自然素材を入れたい!と強く希望し

直接青森に飛び

業者さんに直談判して

青森のヒバという抗菌作用もあり

ヒノキのような木の香りがする

通常だと高くて導入できない素材を仕入れてきたりと

イレギュラーな変更があったのだが

何とか、12月頭に入札をし、施工業者を決定した

だが、なかなか工事はスタートしない

 

間に合うのか・・・

ジリジリと心ばかり焦ってしまう

 

そんな中でも職員の採用はしなければならない

募集をかけたり

大学へ出向いて紹介をお願いしたりして

何名かの職員さん候補の方とお話をした

 

面接は保育園予定地の隣の

不動建設の事務所・・・

申し訳程度に表のガラスに

「はぁもにぃ保育園設立準備室」という

ステッカーを張らせてもらう

 

保育園予定地はシャッターが閉まり

まだガランドウだ・・・

 

来てくれた子たちに一生懸命話をした

これからどんな保育園にしたいのかを・・・

みんな、僕たちの想いに賛同してくれ

何もない、まだ出来るかどうかも分からない保育園に

 

「是非、入職させてください!一緒に働きたいです!」

と言ってくれた

 

こうやって、一人、また一人と職員さんが決定していった・・・

みんな、何もない状態で決めてくれ

本当に感謝しかなかった・・・

 

そんな中、正月を迎え、1月5日やっと工事がスタートした・・・

保育園の施設監査というものがあり

事前に開園してOKかどうか確認が入るのだが

その日程が3月4日・・・

約2か月・・・

それまでに間に合うのかどうか・・・

それだけが心配だった・・・

 

この頃になると

用意しなければならない書類の準備や

開園にあたって用意しなければならない

マニュアルの整備など

膨大な書類の山があり

 

連日の徹夜で死にそうだった・・・

そんな中、はぁもにぃ保育園は

徐々に形になってきたのだった

 

続く・・・

 

 

この記事を書いた人

shinyafd3s

愛妻家フォトカウンセラー
普段は学童の責任者として子どもたちの未来を作る仕事をしています。
週末はフォトカウンセラーとして活動しています。
奥さんが大好きで奥さんの写真多し!