幸せになるために 83

IMG_1821.JPGキャノンS90 ひたち海浜公園近くの民宿にて なな1歳

 

ようやくスタートラインへ・・・

 

保育園を作るために

山梨の社会福祉法人 聖愛会の協力を

得られることになった

実は、これが4月頃・・・

保育園を作ろう!と言い始めたのが

前年の11月頃・・・

なんと半年近く足踏みをしていたのだ

何度も区役所に足を運び

そのたびに門前払いをくらい

その度に落ち込み

また次の手を考える

 

そんな中、この半年間、色々な方に会いにいった

皆、素晴らしい人達で

お話を聞かせてもらうたびに勇気をもらい

何とか夢を実現させようとトライし続けてきた

 

その間に僕たちの周りには仲間が増え続け

僕たちの夢を一緒に叶えたい!と言って

協力してくれる人達が集まってきてくれた

 

僕たちは、毎週金曜日

それぞれに仕事をする中

仕事が終わった後の夜にうちに集まり

どんな保育園にしたいのか

夢を語り合った

 

まだ見ぬ保育園を

出来たかのように想像し

どんな保育園が世の中から求められているのかを

真剣に議論していった

 

みんな、自分の時間とお金を使って

夢の実現のために協力してくれていた

様々なツテを辿ってアポイントを取り

色々な人に会いに行く・・・

今思えば、これも本当に貴重な体験だった

 

そんな人たちに会いに行く際

手ぶらでは行けないので

何か手土産を買っていく

積み重なれば、その出費も結構なものだ・・・

仲間たちは自分は行ってないのに

みんなで負担しようと提案してくれ

毎月少しづつお金を出し合い

少しでも僕たちの負担が減るようにと

気を使ってくれた

何より、その気持ちが嬉しかった

 

かんちゃんは、その当時埼玉に住んでいたが

一緒に夢を叶えるんだ!と

うちの近くにマンションを購入し

家族揃って引っ越してきてくれた

その想いに涙が出た・・・

こうして動き始めて半年弱・・・

やっと保育園を作れる見込みがついたのだ

そこで、そろそろ、保育園の名前を考えよう!

ということになり

みんなで色々と名前を出し合ったが

最終的に真由美ちゃんとラスが話し合い

 

みんなの「和」を大事に

みんなの「輪」を大切に調和して行こう!

という想いを込めて

「はぁもにぃ保育園」と名付けた

 

後に二人から

「何か降臨してきた!」

と言わしめたほど

素晴らしい名前だと思った

 

4月、中澤施設長にも板橋区役所に

いらしていただき

保育サービス課の方々と名刺交換が出来た

 

名刺には

「社会福祉法人 聖愛会

はぁもにぃ保育園設立準備室」

と書いてあった

こうして、僕たちはようやくスタートラインに

立ったのだった

 

続く・・・

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

shinyafd3s

愛妻家フォトカウンセラー
普段は学童の責任者として子どもたちの未来を作る仕事をしています。
週末はフォトカウンセラーとして活動しています。
奥さんが大好きで奥さんの写真多し!