幸せになるために 7

DSC00177.JPGα7Ⅱ ライカズミクロン50㎜F2

復帰までの道のり

ようやく体も動かせるようになり

病院から退院した

とはいえ、強烈なむち打ちで首にコルセットを巻き

顔はお岩さん

とても人前に出れるような状態じゃなかった

新しい会社に入社して二週間とたたずに事故で入院

GW明けまでとりあえず休ませてほしいとお願いした

本来であればクビになってもおかしくなかったが

会社は、まずはゆっくりと治療して戻ってこいと言ってくれた

 

 

ありがたかった

 

 

身体の自由が効かない僕の為に

真由美ちゃんは毎朝マンションによってくれ

全身こわばった僕の身体をマッサージしてくれた

ルックスが好きだと言ってくれていたのに

こんな顔になってしまって

真由美ちゃんが去っていってしまうんじゃないかと

不安な気持ちになったが

真由美ちゃんの愛情は変わらなかった

涙が出た・・・

 

毎日のマッサージのおかげで

薄皮を剥ぐように身体がほぐれ

首以外はまともに動くようになってきたが

とてもじっと机に座っているのは無理だった

GWはどこにもいけず

家で寝ているのみ

じっと天井を見ていると

社会復帰できるのかジワジワと不安が忍び寄ってくる

いや、必ず戻るんだ!と言い聞かせ

徐々に体を慣らしていった

GW明け

恐る恐る車を運転し、会社に向かう

まだ首のコルセットはしたまま

仕事になるのか・・・

 

会社に顔を出すと

みんなが迎えてくれた

先輩は、笑いながら

「おまえ、伝説つくったなぁ、まあ頑張れや!」

そういってくれ、ちょっと肩の力が抜けた

世の中そんなに甘くない

 

徐々に慣らしていければいいかと思っていたが

出社初日から車の洗車

まあ、まだ接客できる状態ではなかったので

しょうがないが

首にコルセットしたまま60台からある車を

洗っていくのは本当にしんどかった

屈んでから体を起こすたびに立ちくらみがし

フラフラしながら洗車をした

そんなわけで、なんとか会社に復帰した

あ、顔はおでこに少し傷が残ったぐらいで

奇跡的に、ほぼほぼ元に戻った

 

続く・・・

 

この記事を書いた人

shinyafd3s

愛妻家フォトカウンセラー
普段は学童の責任者として子どもたちの未来を作る仕事をしています。
週末はフォトカウンセラーとして活動しています。
奥さんが大好きで奥さんの写真多し!