幸せになるために 76

DSC_0009.JPG多分携帯 なな生まれた病院にて 2008.08.09

 

生まれてきた小さな命・・・

 

2008年8月8日17時に

ななは生まれて来た

恐らく赤ちゃんが一杯いる世界

赤ちゃんセンターにいるときに

モニターで僕たち夫婦を見て

 

「あたち、このお母さん、お父さんがいい」

 

と言って赤ちゃんセンターの横にある

滑り台を滑って

真由美ちゃんのお腹に到着したのだと思っている

参考映画「神様とのやくそく」より・・・

 

とにかく、僕たちのもとに来てくれてありがとう!

君に明るい未来を見せられるように

お父さん、お母さんは頑張るからね

そう誓った・・・

 

産後の経過は順調で

3日後には退院することになった

これから家で子どもの面倒を見るのだ

 

普通は実家に帰ったりするもんだが

今住んでいるところが実家みたいなもんで

6階が僕たち夫婦

8階にお義父さんたちが住んでいる為

お義母さんがちょこちょこと顔を出してくれ

お風呂やごはんの手伝いをしてくれていた

 

ここでちょっとした問題が・・・

実は真由美ちゃん退院してきてから風邪気味・・・

 

覚えておいでだろうか・・・

私が出産直前に9度の熱でうなされていたことを・・・

そして、生まれるのを待って個室にいたときに

そこの冷蔵庫に置いてあったポカリスエットを

飲んだことを・・・

 

そう!真由美ちゃんは僕が飲んだポカリスエットを飲み

風邪をうつされていたのだ・・・

 

本当に申し訳ない・・・

そして、ななも具合が悪くなっていった・・・

生後10日で発熱・・・

急遽近くの北医療センターの

救急外来に連れていくことになった

 

「あの・・・うちの子大丈夫ですか?

熱が高いようなんですが・・・」

 

「うーん、生後10日とかだと

お母さんからの母乳の免疫力で

風邪とかひいたりしないんですけどねぇ・・・」

 

「あの、実は私が出産後から風邪をひいてまして

その影響とかありますか?」

 

「あー、そうかぁ・・・そっからうつっちゃったかなぁ・・・

まあ、ちょっと心配なので入院してください」

 

「えっっ!!!入院ですか?

今から?この子一人で入院ですか?」

 

「いや、お母さんも一緒に入院してください

どのみちお母さんも風邪ひいてるんでしょ?

一緒に入院して治して下さい」

 

「わかりました。じゃあ、よろしくお願いします」

 

ということで、ななは生後10日で入院することとなった・・・

先生が入院するためのカルテを何気なく見ていたら

カルテに

「母乳から鼻水」

って書いてた!!

母乳から鼻水って何だよ!って

突っ込みたかったが

もう、ななと真由美ちゃんに

申し訳なくてそれどころじゃなかった

 

結局、2人は1週間ほど入院し

元気に退院してきた

 

続く・・・

 

この記事を書いた人

shinyafd3s

愛妻家フォトカウンセラー
普段は学童の責任者として子どもたちの未来を作る仕事をしています。
週末はフォトカウンセラーとして活動しています。
奥さんが大好きで奥さんの写真多し!