幸せになるために 70

000041.JPGニコンFM 50㎜F1.4 広島にて

もう一度話し合いに・・・

 

というわけで

次の休みにもう一度

お義父さんのところに話し合いに行った

 

「すみません、何度もお話させていただいて・・・」

 

「いいよ、何度でも話を聞くよ」

 

「はい、実は今仕事をどうしようか迷っていまして・・・

子どもを育てながら、二人とも今の仕事を

続けるのは厳しいと思ってるんです」

 

「そうだね

真由美はどうするつもりなんだい?」

 

「ええ、真由美ちゃんはそのまま

今の会社を続けたいって言ってます

僕も続けて欲しいと思っています

僕は真由美ちゃんの

仕事をフォローしていきたいと

思っているんです」

 

「そうか・・・

それでいいのかい?

自分は何をしたいんだい?」

 

「それも考えてみたんですが・・・

お義父さん!

僕に今から作るマンションの

お手伝いをさせてもらえないですか?

この趣味を活かしたマンション

僕が管理人として適していると思うんです!」

 

「・・・管理人って

そんな油の乗り切っている

今やる仕事かい?

精一杯やりたいことやらなくていいのか?」

 

「これが、僕がやれることだと思うんです!

もちろん、管理人以外にも

お手伝いできることがあると思うんです」

 

「そうか・・・

わかった・・・

でも、今の仕事をいい加減にやめて

くるんじゃないよ!

次を応援するよって

言われるくらいじゃないとな!」

 

「はい!

ありがとうございます。

まだ、会社には何も話してないんです。

これから会社に伝えてみます」

 

「わかった

じゃあ、またどうなったか

連絡を下さい」

 

ということで

何とかお義父さんの仕事の

手伝いができるような段取りになった

 

次は会社への報告と交渉だ・・・

・・・うーん、気が重い・・・

 

実際に会社には本当に感謝しているのだ

研修に派遣してくれ

自分がどれだけいい加減に生きてきたかを

気づかせてくれ

ずっと見守り育ててくれた会社に対して

本当に恩義を感じていたのだ・・・

 

申し訳ない・・・

心からそう思っていたが

次のステージに進むために

話をしなければならない・・・

ああ・・・気が重い・・・

 

続く・・・

 

この記事を書いた人

shinyafd3s

愛妻家フォトカウンセラー
普段は学童の責任者として子どもたちの未来を作る仕事をしています。
週末はフォトカウンセラーとして活動しています。
奥さんが大好きで奥さんの写真多し!